ピアノ教室 宝塚 逆瀬川 初心者 たのしい

入会金無料入会金無料★見学随時

TEL.0797-74-6760   西山久理子

幻想交響曲

幻想交響曲

このエントリーをはてなブックマークに追加

芸術の秋もみじ

友人が出演するのでお誘いいただいたのですが、
久しぶりのクラシックコンサートでするんるん

幻想フィルハーモニー管弦楽団創立記念演奏会。
兵庫県立芸術文化センター大ホール。

 

指揮者:十束尚宏

1曲目はこの十束さんが作曲した曲で
世界初演奏の「天の国へ」

パンフレットに、ちゃんと曲の解説が書いてあったのに
開演前に読まなかったのであせあせ

勝手に曲調を聞きながら、背景を妄想するウッシッシ

何やら不穏な曲調。
にわかに空が曇り雷鳴が鳴り出したかのよう。。。
かと思うと、ほそ〜い音が静かに響き、
最後は教会の鐘が鳴り、昇華、散華。。。

とか、適当なこと考えながら聞いてたんだけど
後でちゃんと読んだら、そんなに外れてなかったわーい(嬉しい顔)指でOK

震災から20年、終戦から70年の年に。。。
という副題がついてましたペン

2曲目はメンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教改革」

休憩をはさんで3曲目は
ベルリオーズの幻想交響曲作品14「ある芸術家の生涯の出来事」

友人によれば、その「幻想」をやりたくて集まったオケだとかクローバー

知らない曲でしたが、5楽章ぶっ続けで演奏された中、
第2楽章だけ聞いたことあるような気がしましたチューリップ
(まあ、私の記憶力はアテになりませんが)

どの楽章も物語があって、
すごくドラマチックぴかぴか(新しい)

静かで暗い曲だったりすると眠くなっちゃうんだけどあせあせ
脳内で色々想像しながら楽しく聞けました。

アンコールはバッハの管弦楽組曲第3番「アリア」

これはさすがに耳に馴染みのある曲でした。
静かでゆったり。。。心地よい。

 

 

たまにはこういう休日も良いですね!!

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です