ピアノ教室 宝塚 逆瀬川 初心者 たのしい

入会金無料入会金無料★見学随時

TEL.0797-74-6760   西山久理子

「京を彩る琳派」展

「京を彩る琳派」展

このエントリーをはてなブックマークに追加

京都の国立博物館で開催されている「琳派展」

行ってきました。

 

素晴らしい秋晴れだったのもあって、

まずは博物館の外観に感動(*^_^*)

 

琳派。。。と言えば尾形光琳くらいしか知らないんだけど(^_^;)

これといった一派ではないそうですね。

「江戸時代の装飾的な作風を特色とする芸術家の一群を

ゆるやかにつなぐ言葉です」という説明がありました。

 

目玉は有名な「風神雷神図」でしたが、

それ以外にも、大きな金屏風に四季の花が美しく描かれていたり、

絵を描いた扇子をランダムに貼りつけたものなど

なかなか興味深く見れました。

 

もともとお花は好きなので、わりと花の名前がわかるのもあって、

より楽しめました。

そして自分も絵を描きたくなりました!(^^)!

 

また、文字を描いたもの、デッサン、練習したものなどもあり、

想像以上の点数が展示されていました。

ほっそい線など、いったい何で描いたんでしょう?

今なら極細ボールペンで描いたのか?と思うような細さですよ。

 

私は光琳より俵屋宗達の絵の方が好きだな~と感じました。

 

全部見るのに3時間弱かかりました。

けっこう疲れます(^_^;)

 

その後、すぐ隣の「三十三間堂」も見てきました。

こちらは前にも見たことがあったのですが

はやりずらっと並んだ千手観音は壮観です。

どんな苦しみからも救ってくれそうな気がしちゃいますね。

表情がすこしずつ違うので、

丹念に見たら自分と似たお顔の観音様がいるのかもしれません(*^_^*)

 

ほかにも国宝がずらりと並んでいるのですが

その中に、先程、光琳が描いた風神雷神のモデルになった像があり、

あら、よく似てるわ~(#^.^#)と思ったのでした。

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です